鳥取県日野郡 江府町 移住・定住サイト

五感で感じる!奥大山暮らし

江府町ってこんなところ

3分で分かる江府町

人口約3,000人の小さな町

鬼女台からみた江府町 江府町は人口約3,000人の小さな町で、旧江尾町、旧米沢村、旧神奈川村、そして旧日光村の一部と合併して現在の江府町となりました。

小さいながらも住んでいる人々は明るく元気な人が多く、自然の恵みに感謝しながらお互いに助け合って日々の生活を送っています。

まちの数値データ

(平成25年度鳥取県市町村要覧から)   ※数値は、随時、変更しています。

中国地方の最高峰 大山の麓に位置

鍵掛峠1 伯耆富士とも呼ばれている中国地方の最高峰 大山、その麓に江府町はあります。
江府町は別名「奥大山」とも表現されており、のどかな田園風景や全国に誇る絶景ポイントが数多く残っています。
日本最大規模のブナの原生林や良質な天然水が流れているため、カメラ片手に多くの方や大手飲料メーカーが訪れています。

県西部の中心経済圏 米子まで車で30分

DSC_0005.JPG 豊かな自然に囲まれた江府町は静かな田舎ですが、時には生活に必要なものを購入するために出かける必要も出てきます。
江府町は県西部の中心経済圏である米子市まで車で約30分の場所に位置しており、バスや電車も通っているため、お買い物や通勤・通学にも安心して生活することができます。

江尾十七夜という夏祭りが有名

こだいぢ踊り 十七夜 江府町では毎年8月17日は「江尾十七夜」という夏祭りが有名です。
町内最大規模で開催されるこのお祭りは500年に渡って現在も受け継がれており、無形文化財として指定を受けています。
かつて地元に城を築いた城主を思い、一年に一日だけ江府町はその当時へとタイムトリップします。

農業・林業・畜産など商業が盛ん

奥大山おこわ飯バーガー 自然豊かな江府町では、農業・林業・畜産など商業が盛んに行われています。
特に野菜のキャベツ、白ねぎ、トマトなどの栽培に力を入れており、県外でも高い評価を受けています。
鮎料理や大山おこわなどの料理・特産品の他、大手飲料メーカーの「奥大山の水」も、ここ江府町で生産されています。

田舎暮らしに憧れる人にピッタリの町

茅葺小屋 昔ながらの田園風景に豊かな自然、美味しい地産品など、江府町は田舎暮らしに憧れる人にピッタリな町です。
都心の喧騒を忘れて静かに過ごすことができ、五感で自然を感じられます。
江府町に住んでみて初めて分かる「奥大山」の魅力や発見などもあり、心豊かに過ごすことができます。

PAGETOP