選択された部分を音声で聴くにはJavaScript が必要です
山陰・中国地方最高峰 国立公園大山(だいせん)・奥大山ガイド《鳥取県江府町役場公式観光サイト》
文字サイズ
RSS facebook twitter

江府町の伝統食「大山おこわ」、江府中学校で調理実習。

江府町の伝統食「大山おこわ」、江府中学校で生徒に伝授!

平成26年1月29日

江府中学校2年生の家庭科の授業で江府町の伝統食、「大山おこわ」の調理実習が行われました。江府中学校では毎年1回郷土料理の実習で「大山おこわ」を作っています。

↑野菜を洗い、

切っていきます。↑

↑包丁も上手です。

  

↑真剣に分量を量る生徒たち

 江府町の大山おこわは、江府町民に長年にわたり親しまれた郷土料理であり、各家庭で食べられている江府町のソウルフード(伝統食)です。

大山おこわは地元でとれたもち米、大山でとれる山菜などを奥大山から流れ出る清水で蒸し上げて作られています。具材、味付けは各家庭に受け継がれたスタイルがあります。

  江府中学校家庭科担当の持田先生からは

郷土料理実習を通して江府町の伝統食・大山おこわを家庭でも作り、家族に食べてもらってみてください。家の人から、大山おこわにまつわるエピソード、いわれ等を聞くことができると思います。これからも、町の伝統文化の継承として「大山おこわ」の調理実習を続けていきたいですとお話がありました。

↑蒸し器でもち米を蒸します

↑出汁を少しずつ入れて味付け

↑出来立ての大山おこわ!

↑おにぎりも作っていました。

生徒たちは

「自分で初めて大山おこわを作りました」「調理実習は楽しかった」「家ではお母さん、おばあさんが作っており、よく食べます」「江府町の伝統食・大山おこわを家でも作ってみます」「大山おこわは江府町が誇る郷土料理です!等、楽しそうに感想を言っていました。

                                完成!

                                             ↑出来上がり!

江府中学校の生徒たちは奥大山江府町の伝統文化を感じつつ、一生懸命調理していました。

江府町役場 総務課
〒689-4401 鳥取県日野郡江府町大字江尾475 TEL 0859-75-2211
開庁時間 月~金 8:30~17:15 (窓口延長) [祝日・年末年始を除く]
Copyright © 2011 Kofu Town Office All Rights Reserved.
お問い合わせ携帯サイト